ツゲイン10(ミノキシジル10%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

 

ツゲインの特徴まとめ【通販井上薬局】

ツゲインは、シプラ社(インド・ムンバイ)が製品化した男女兼用の育毛剤です。髪の少ない方や発毛に効果のある「リアップ(全国)」「ロゲイン(米国)」の後発医薬品です。ツゲインの有効成分であるミノキシジルは、頭皮の血管を促進・導通して血流を促進します。これにより、発毛サイクルの異常で抜けてしまった毛の毛母細胞を活性化させ、発毛サイクルを正常に導きます。

男性のAGA患者様にはツゲイン5%が最適です。ツゲイン5%は、臨床試験で投与されたミノキシジルと同じ混合量であり、臨床試験と同様の発毛効果が期待できます。効果と副作用のバランスが良い一般的な仕様で、薄毛が気になり始めた方の最初の治療薬として最適です。ツゲンは、髪が貧弱な方や、抜け毛が気になるお母さんに効果的です。有効成分「ミノキシジル」は米国で考案されたもので、血流を良くすることで発毛効果が期待されます。

ミノキシジルの発毛・育毛システムはまだ十分に比較されていませんが、ミノキシジルの血管伸縮作用によるものであることが明らかになっています。ツゲインは、通販か個人輸入でしか購入できないロゲインのジェネリック医薬品です。ミノキシジルが配合されており、発毛を固め、AGA(男性型脱毛症)を改善する効果があります。ツゲンは、日本では大正製薬が販売しているリアップの名前で呼ばれているジェネリック医薬品です。リアップは日本のブランドであり、海外ではリアップがロゲインという商品名で販売されているため、ツゲイン10はリアップとロゲインの両方のジェネリックとなります。

他のミノキシジル系育毛剤と同様、トゥゲインの利点は4から180日で発毛が可能になることです。ミノキシジルの作用は、男性型脱毛症(AGA)の発毛促進、脱毛症(抜け毛)の予防になります。円形脱毛症は徐々に本格的な脱毛が進行する遺伝性の脱毛症で、ツゲインの有効成分ミノキシジルでは効果がありません。ツゲインは、米国で「ロゲイン」の名称で販売されている「ロゲイン」のジェネリック医薬品(後発医薬品)です。日本で販売されているリアップは有効成分が最大5%しか含まれていませんが、ツゲイン10%はミノキシジルが2倍(10%)含まれており、圧倒的な発毛効果が期待できます。

ツゲインは、成長が止まってしまった毛髪を強力に育て、毛髪の軟化により細長く柔らかい毛髪にします。毛母細胞を長持ちさせ、毛髪の成長を維持し、抜け毛を抑制します。ツゲインの有効性が十分に発揮され、毛髪がふさふさになった後も、育毛効果を維持するためにツゲインを使い続ける必要があります。使用を中止しても効果が失われないように、ツゲインは継続してご使用ください。

製造を行っているシプラ社は、日本でははっきり言って馴染みがありませんが、世界的には重要なジェネリック医薬品メーカーであり、世界中の医療機関に数多くのジェネリック医薬品を供給し、取り入れているメーカーです。ミノキシジルの対象疾患は、「男性型脱毛症(androgenetic alopecia:AGA)における発毛・脱毛(抜け毛)処置確保」です。ツゲンと同じ成分を含む「リアップ」や「メディカルミノキ」は、日本国内の調剤薬局やドラッグストアで購入できるほか、クリニックでも処方されています。リアップなどは、日本で唯一承認されている育毛剤です。