フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロイドの特徴まとめ【通販ヘルパー】

フィンペシアは、フィナロイドと同じ成分の薬です。若干の違いはありますが、価格的にはフィナロイドの方が安く、フィンペシアから乗り換える人も多いようです。フィナロイドの大手メーカーであるロイドラボラトリーズは、医薬品や医療機器などを製造する国際的なメーカーです。海外でも通用する品質認証であるISO9001を取得しており、フィナロイドの安全性は保証されています。

フィナステリドは人間の皮膚から浸透するため、妊婦の方は承認だけでなく、記載しないように注意する必要があります。DHTは男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結びつくことで生成されますが、フィナステリドはこの5αリダクターゼ2型酵素の作用を抑えることでDHTの発生を抑え、頭髪の見た目や手触りを変え、テンポを正常化させることができるのです。抜け毛を減らすフィナステリドと発毛を促進するミノキシジルを併用することで、髪が成長しやすい頭皮周りの状態を正常化させることができるのです。

フィナロイドには、着色料としてキノリンイエロー(Quinoline Yellow)と呼ばれる添加物が含まれていません。不安を感じないフィナステリド内服薬をお探しの方におすすめの商品です。LLOYD LABORATORIES社のフィナロイドは、フィナステリド1mgを含有するAGA治療薬です。有効成分であるフィナステリドを1錠あたり1mg含有する男性型脱毛症治療薬です。ジヒドロテストステロン(DHT)は遺伝などの男性型脱毛症を誘発するため、フィナステリドで5αリダクターゼを阻害し、ジヒドロテストステロン(DHT)への移行を防ぐことで男性型脱毛症の治療において有効とされています。

フィナロイドは、ヘアサイクルを正常に戻すことを目的としたAGA治療のための医薬品です。抗アンドロゲン(抗男性ホルモン)薬であるプロペシアと同じ成分が含まれており、赤味のある薄い丸い錠剤が特徴的です。フィナステリドという成分は、5αリダクターゼという自然のプロセスを阻害し、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化するのを防ぐという働きをするのですね。前立腺肥大症の患者さんでは、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで、肥大した前立腺を小さくし、尿の排出量(頻尿や残尿感など)を改善することができます。

フィリピンの大手企業製薬会社ロイドラボラトリーズ社が創製・販売する医薬品で、有効成分としてフィナステリド1mgを含有するAGA治療薬のジェネリック医薬品です。フィナロイドは、フィナステリド1mgを含有する医薬品の中で最も安価な医薬品です。フィンペシア、フィナロ、フィナバルドといった日用品よりもお求めやすくなっています。フィナロイドは、フィリピンのロイドラボラトリーズ社が開発したAGA(男性型脱毛症)治療に有利な治療薬です。

フィナロイドの有効成分であるフィナステリドは、成人男性のみ服用可能な安全性の高い医薬品です。ただし、男性の場合、フィナステリドを濃縮した薄毛が老化するのを待つため、1~2ヶ月は服用を控える必要があります。LLOYD LABORATORIES社の「FINALOID」は、プロペシアと同じ成分であるフィナステリドを1mg含有する前立腺肥大症治療薬です。前立腺肥大症の治療薬としての用途に加え、薄毛の治療薬としても多くの人に注目されています。

有効成分であるフィナステリドは、AGAの直接的な原因である男性ホルモン(DHT)の生成をカットする作用があります。この作用により、乱れたヘアサイクルを元に戻すことで、AGAの予防や発毛につなげることができるのです。フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品で、どちらもフィナステリドが1mg含まれているのは同じです。しかし、金額的にはフィナロイドはプロペシアの3分の1程度の予算で購入することが可能です。