トレティバ20mg(アキュテイン・ジェネリック)

イソトロイン20mg(アキュテイン・ジェネリック)

 

 

 

プラセントレックス(ヒトプラセンタジェル)

 

 

 

 

 

アキュテインの特徴まとめ【通販ドクターjp】

アキュテインは、皮脂分泌抑制作用、抗炎症作用が非常に高く、ニキビ跡はもちろん、治りにくいニキビにも有効です。体重1kgに対して、飲み合わせはアキュテイン0.5mgを2mg上乗せします。体重50kgの場合は、1日25mgではなく、1回100mgを2回に分けて、食後にお湯や白湯で噛んで飲んでみてください。空腹時には服用しないでください。抗菌薬に匹敵する確実な殺菌作用があり、元祖アキュテインは世界中でニキビ治療に使用されています。

アキュテインのニキビ治療効果は、現存するニキビ治療薬の中で断トツに高い。その効率率は98%以上と報告されており、ニキビの再発の可能性に対しても低価格で済みます。その効力のため、軽度から中等度のニキビの治療には適応されません。アキュテンの有効成分であるイソトレチノインは、ビタミンA誘導体で、米国ではニキビ治療の60%以上に共有されている。皮脂の分泌を抑制することで、新陳代謝を活発にして新しい肌を取り戻し、抗菌・抗炎症作用がある傾向があります。

非常に有効な成分であるため、アメリカやカナダではすでにニキビ治療の重要な医薬品として承認されており、ジェネリック医薬品も含めて大量に処方されていますが、日本では未承認となっています。医師が輸入し、個人で処方して摂取することは可能です。使用する際は、医師などと議論した上で、副作用や注意点を踏まえて支払うことが必要です。アキュテンの有効成分であるイソトレチノインは、皮脂の分泌を抑え、ニキビの原因となる細菌に効果を発揮します。イソトレチノインは、抗生物質を除けばニキビを治療できる唯一の薬と言われており、他の治療法で効果が得られなかった重症ニキビ(紫ニキビ)の治療に使用され、実用化されています。

アキュテインは、強い殺菌作用を持つ薬剤です。ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えることで、炎症が徐々に抑えられていきます。ここでも、菌の増加が抑制されると、歴史の浅いニキビはできにくくなることから、肌質の改善に適していると考えられています。
有効成分イソトレチノインは、ニキビの原因となるアクネ菌に対して優れた抗菌・抗炎症作用を有し、皮脂分泌を抑制して肌を正常な状態に戻し、ニキビの原因となるコメドを作らせない効果が確認されています。アキュテインは体重1kgあたり0.5mgを超える量を服用し、体重50kgの場合は1回25mgを超える50mgが適量となります。ただし、体重に関係なく1日当たり上限で60mgとします。

アキュテインの有効成分であるイソトレチノインは、日本ではゼロ証明のため、健康保険を使って処方してもらうことはできません。しかし、日本にはイソトレチノインを自由診療で扱っている医療機関(主に表皮科)がいくつかあるので、医師の診察のもとで購入することができます。無制限診療のため、すべて自費診療となり、医療機関によって設定価格が異なります。ホルモンバランスの乱れなどで皮脂が増えると、毛穴の中で細菌が繁殖し、炎症などの障害を起こすことがあります。アキュテインは、皮脂の分泌を抑制することで、菌の繁殖や炎症を抑える効果があります。

インドのインタス・ファーマ社が販売するトレティバは、世界で最も効果が高いとされるニキビ治療薬「アキュテイン」のジェネリック医薬品です。有効成分のイソトレチノインはビタミンAを含む誘導体であるため、体の内側から人間の皮膚に働きかけ、ニキビを強力に改善することができるのです。トレティバは経口ニキビ治療薬アキュテインの後発品で、Tretivaの成分の一つであるアキュテインのメーカーであるロシュ社は、「イソトレチノインは気になるニキビに作用し、治療終了後もその効果が持続し、20週間の投与で85%もの患者さんが症状の軽減を報告しています」と報告されています。20週間の投与後、85%の患者さんが症状の軽減を実感しています。