ヒルドイドクリーム(ビーソフテン)

ヒルドイドフォルテクリーム

 

 

 

 

 

ヒルドイドの特徴まとめ【通販ワールド】

ヒルドイドクリームは、さまざまな肌の不調に効果があることから、人間のスキンケア部門で広く使用されています。ヒルドイドはクリームだけでなく、ローションや軟膏もあります。それぞれ、季節や部位に応じて使い分けることで、より満足度の高い保湿効果を得ることができます。中でもヒルドイドクリームは、カバー力が高く、最適な使用感が得られるため、8月頃から10月頃まで、12月から3月の春期まで、一年中使用できる人気のカテゴリーとなっています。

ネットで話題の「ヒルドイドフォルテクリーム」は、ヘパリン類似物質であるムコ数-グリコシド調性硫酸スパルの働きで、皮膚の乾燥を抑え、血行を良くするために塗布する医薬品です。また、ケロイドの治療や予防にも使用されます。ヒルドイドクリームの有効成分であるムコ多糖類増量硫酸(ヘパリン類似物質)には、主に3つの作用があります。皮膚や傷のある部分の周りの人間の細胞に水分を蓄積させる作用があり、表皮の水分や潤いが失われるのを内側から防ぐ働きがあります。また、血行を良くすることで、血液が固まるのを防ぎ、表皮の血流を良くし、血行不良を抑制することができます。ケロイドや肥厚性瘢痕などの傷跡の治癒に効果的です。また、繊維細胞の材料となる線維芽細胞を不要になるように説き起こす効果もあり、ケガの傷跡をきれいにすることができます。

ヒルドイドフォルテ クリームは、「保湿」「血行促進」「傷跡をきれいにする」という3つの効果を持つ医薬品です。副作用がほとんどなく、とても使いやすい塗り薬です。HYDROIDの有効成分であるムコシュルガーボディアップサルフェートエステティックサロノール(ヘパリン類似物質)は、その名の通りヘパリンに似たある種の生成物です。ヒルドイド強化クリームの水分対策効果は、継続的に塗布することで高まっていきます。

乾燥肌を改善するだけでなく、皮膚病の症状も軽減します。皮膚炎に発展した乾燥肌にもおすすめです。ヒルドイドクリームの保湿効果と代謝サイクル拡大効果は、保湿効果に加え、シワや小ジワの引き締め、表皮の色つやを高めるなど、肌の若返り効果も評価されています。ヒルドイドクリームは、水性成分に油性成分を配合したO/W(オイルインウォーター)タイプのクリームです。水中油型クリームは、ベタつかず、水で洗い流しやすいという特徴があります。日本で確認されている利便性としては、皮脂欠乏症(皮膚の乾燥)、進行性掌蹠角皮症、しもやけ、肥厚性瘢痕、ケロイド、血行不良に基づく疼痛・炎症性疾患(しもやけ等)、血栓性静脈炎、外傷後の腫脹・血腫、腱炎、筋痛症などが挙げられます。

保湿対策が良い、つやつやの白い効能があるということで、病院施設から処方されるヒルドイドクリームをごまかす人が後を絶ちません。化粧品とは比較にならないほどの保湿効果があるため、美容目的の女性が化粧品の飲料水や乳液のバリエーションとして、クリニックから大量のヒルドイドクリームを処方されるという社会問題まで起きているほどです。

血流の活性化に関与しているのは、ヘパリン類似物質による血栓抑制作用である。血液が集まるのを防ぐアンチトロンビンというタンパク質を活性化させることで、血栓を溶かし、血液をサラサラにするのです。ヒルドイドクリームの有効成分は、ヘパリン類似物質(ヘパリン硫酸塩)です。ヘパリン類似物質は、長時間、高付加価値で強力な保湿効果を発揮するほか、血行促進作用、抗炎症作用、人の皮膚の代謝サイクル(入れ替わり)を促進する作用があります。ヒルドイドクリームは、少し前に日本でかなり流行しました。女性タレントが使用することで話題となり、美容に関心の高い現代人の顧客が急増した。