アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの特徴まとめ【通販ナースbn】

アジーの有効成分アジスロマイシンは、その系統からマクロライド系の抗生物質に分類されます。ペニシリンに代表されるβ実用タミフルの規制により消滅したマイコプラズマやクラミジアに対して筋肉質な抗菌活性を示し、急性接触感染症の治療に必要な幅広い抗菌力を有します。急性接触感染症の治療に必要とされる幅広い抗菌力を有しています。マクロライド系抗生物質であり、抗生物質の中で副作用の頻度が最も低く、問題となる薬物間相互作用も少ないのが特徴です。

抗生物質の中で最も副作用の頻度が少なく、薬物間相互作用が少ない抗生物質です。アジーの特徴は,抗菌スペクトル(抗菌活性の限界)が大きく,病気の原因となる生物に取り込まれやすく,長期間にわたって作用が持続することです。アジーは、シプラ社がマイコプラズマ、クラミジア、淋病などの性感染症治療薬としてジスロマックのジェネリック医薬品として生産・販売しているマクロライド系抗生物質です。

錠剤とシロップがあり、有効成分としてアジスロマイシン250mg、500mg、1,000mgを含有しています。菌の増殖に必要なタンパク質の合成を阻害し、手放せないタンパク質の合成と増殖を抑制し、循環器系細菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌など数種類の菌の増殖を抑制します。抗菌・殺菌作用があり、循環菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌など、細菌が引き金となるいくつかの病気に有用であると考えられています。

アジーはインド製のジスロマックのジェネリック医薬品で、250mg、500mg、1000mgがありますが、クラミジア治療では1000mgが基本用量となります。ジスロマックのジェネリック医薬品で、主成分はアジスロマイシンで、マクロライド系抗生物質の一種です。インド・ムンバイに本社を置くシプラ社が製造・販売するアジーは、多数の接触感染症に対応する薬です。病院やクリニックでも処方されるジスロマックと同じ成分のアジスロマイシンが配合されており、アジスロマイシンが細菌を死滅させる。クラミジア、淋病、梅毒などの感染症だけでなく、インフルエンザや歯周病、膀胱炎などの原因菌の活動抑制、耳鼻科領域の治療など、さまざまな役割で使用されています。様々な症状に有用であることから、アジスロマイシンは常用抗菌薬として重宝される薬となるでしょう。

アジスロマイシンは、細菌が自分で作るリボソームだけに作用します。パーソンの細胞には侵入しません。歯周病、副鼻腔炎、マイコプラズマ肺炎、幅広い接触感染症に同等の効果を発揮します。歯周病、マイコプラズマ肺炎、副鼻腔炎に対する有効率はそれぞれ85.9%、98.0%、100.0%であり、いずれも高い有効性が確認されています。クラミジアの治療がアジー「1000mg」錠の1回の服用で完了するということは、小分けにして服用する必要がないだけでなく、飲み忘れの心配がないことも大きなポイントになります。というのも、飲み忘れると、細菌が跳ね返って薬が効かなくなる可能性があり、治療成績に影響する抗生物質の重要な問題だからです。