ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ケアプロストの特徴まとめ【通販井上薬局】

ケアプロストは、まつ毛の育毛・増毛に効果を発揮するまつ毛育毛剤です。有効成分のビマトプロストは、もともと緑内障治療用の点眼薬として使用されていました。その後、アメリカの厚生労働省から美容医薬品として認可され、ルミガンとして販売されていました。有効成分のビマトプロストは、米国アラガン社が開発した強力な眼圧下降作用を持つ新規・既存成分です。2001年3月に米国で高眼圧症の互換治療薬として承認され、現在では75カ国以上の国と住所で承認・販売されています。

5~10日以内(個人差あり)に使用するケアプロストは、非常に使いやすく、まつ毛がたくさん開くので、これまでまつ毛のセットやまつ毛エクステが大変と感じていた方にとっては、とても合理的であるに違いありません。ケアプロストは、まつ毛育毛剤「ルミガン」のジェネリック医薬品で、成分としてビマトプロストを含んでいます。ルミガンと同等の効能を持ち、お求めやすい価格で特にフレッシュな女性から支持されています。

ケアプロストは、緑内障・高眼圧症治療薬「ルミガン点眼液0.03%」、まつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ外用液0.03%」と同じ有効成分「ビマトプロスト」を0.03%配合したものです。睫毛貧毛症は、睫毛の不足や欠如を特徴とする疾患です。原因としては、特発性(加齢など)、皮膚・全身性疾患、異常性(円形脱毛症など)があります。水虫の腕輪は、ルミガンのジェネリック医薬品でもあり、グラッシュビスタのジェネリック医薬品でもある。睫毛貧毛症とは、睫毛が不十分または充足していない状態のことです。

日本でよく知られているまつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」「ルミガン」の海外版ジェネリック医薬品で、日本では未承認ですが、海外ではその効果や経済性の信頼性で人気があります。ケアプロストは最大4ヶ月の受取で、ケアプロストの効果を最大限に望むことができ、4ヶ月の収量が経過した後は、2日に1回の使用で、高い光量を維持することができるようになります。Careprostの塗布量を減らした場合、2ヶ月に1回の収入で元に戻ります。

個人差はありますが、使用後2週間程度で手配が可能です。ルミガンはリング1本で約2ヶ月分と、とても経済的でお財布に優しいまつ毛育毛剤です。本家ルミガンよりもリーズナブルというメリットもあり、ケアプロストは確かな手応えと使いやすいコスパで人気のまつ毛育毛剤です。まつげエクステに行けない方、毎日のメイクや異常行動でまつげを飲みたいお客様にケアプロストをおすすめします。

ケアプロスト(ルミガン)は、初回使用後2週間前後から影響が出始めるので、継続して使用することをおすすめします。酪農の現場に行く前にケアプロストを1回塗るだけで、まつ毛の「移動距離・太さ・濃さ・濃さ」が伸びるのだそうです。ケアプロストの有効成分ビマトプロストは、まつ毛のヘアサイクルに作用します。ヘアサイクルとは、まつ毛の成長サイクルのことです。まつ毛は成長期、退行期、停止期を繰り返しながら、成長してからまつ毛の生え際から抜けるまでを繰り返しています。

米国での臨床試験で事故防止が実証された「ルミガン」や「ラティース」と同じ成分であるため、副作用は極めて少ないといわれていますが、かゆみや液の充血などの症状が出たという報告もあります。症状は使用開始時のみで、やめるまで続くことはありませんが、長期間にわたって頻発する場合は、使用を中止し、医師に相談する必要があります。