プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアの特徴まとめ【ジェネクリ・公式】

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、症状の原因となる男性ホルモンを抑制し、抜け毛を防ぐだけでなく、生えてきた髪を頼もしい頭髪の完成形に変えていかなければならないのです。生え際と前髪の両方に効果的です。プロペシアを半年から1年服用することで、AGAの進行を阻止することができるだけでなく、髪の見た目も改善されることが臨床試験で証明されています。

プロペシアは理想的なAGA治療薬として有名ですが、もともとは前立腺肥大症(BPH)や前立腺がんを治療するための抗アンドロゲン薬として開発されたものでした。しかし、プロペシアを服用した男性が臨床試験で発毛・育毛効果を示したことから、AGA治療薬としての模索が進められ、設立に至ったのです。プロペシアは、男性ホルモンの生成に関わる5αリダクターゼという酵素を阻害することから、5αリダクターゼ阻害薬に分類されます。悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストロン(DHT)の設計を阻害するため、DHTブロッカーと呼ばれることもあります。

従来のAGA治療でたどり着いた外用発毛剤のミノキシジルは、不足している毛根の栄養分を補うことで発毛を促すとされています。それに対してプロペシアは、狂ったヘアサイクルを一掃することで、本来のAGAの状況に磨きをかけます。プロペシアを半年以上服用すると、髪が長い間忙しく成長し、見た目も手触りも変わってきますし、延長摂取することで1年後の治療でも即効性を維持できると認識されています。

ジヒドロテストステロンは脱毛症の原因となるだけでなく、過剰に蓄積されると前立腺肥大症やニキビなどの病気を引き起こす。5αリダクターゼには、1型と2型があります。5αリダクターゼ1型は皮脂腺に存在し、皮脂分泌やニキビに関係し、5αリダクターゼ2型は主に頭頂部に存在し、発毛機構に関係します。フィナステリドは、髪を少なくする原因となる男性ホルモン(DHT)を減少させ、毛乳頭の細胞減少を正常に期待できるようにします。その結果、髪の成長期の瞬間が長くなり始め、髪の少なさが改善されるのです。

日本での長期(3年間)の治療努力によると、フィナステリド1mgを1日1回服用した場合、98%の患者さんがAGAの進行を感じなかったそうです。プロペシアは、日本で認可されている男性型脱毛症(AGA)を抑制する成分を含む医薬品です。太く、コシのある髪を取り戻すことができます。基本的には6ヶ月以内で効果が現れると言われています。最終結果が出たら使わないという薬ではなく、その後も継続的に服用することが抜け毛対策や育毛のために必要です。

プロペシアは、MSD株式会社が日本で形成・販売している、世界で最も有名な男性型脱毛症治療薬です。有効成分として1錠あたり1mgのフィナステリドを含有し、5αリダクターゼ阻害剤であり、脱毛症治療薬です。プロペシアは、男性型脱毛症(AGA)を改善する5α-リダクターゼ阻害剤です。プロペシアは、AGA治療薬として初めての経口薬で、1錠中に「フィナステリド」1mgを含有しています。