ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノキシジルタブレットの特徴まとめ通販コンポート

ミノキシジルタブレット10mgは、ファイザー社のロニテン10mgの後発品です。主成分のミノキシジルは、日本皮膚科学学会のAGA治療指標で推奨度A(最も推奨される)に指定されています。ミノキシジルタブレットは、発毛を固める効果のあるミノキシジルを有効成分として含有する内服薬です。インターネット上では「ミノタブ」と表記されることもあります。

ミノキシジルタブレット10mgは、ピルカッターなどで分割して体内に取り込むことで、ミノキシジル10mgの高濃度含有を目指し、抜群のコストパフォーマンスを実現します。ミノキシジルタブレットの育毛効果は、飲み続けないと保てません。服用による育毛を守るためには、高血圧の治療薬として使用する場合は、既知の副作用に注意し、なるべく服用を続けることが必要です。

ミノキシジルタブレットの成分であるミノキシジルは、毛髪の微小血管を発達させて血行を促進する作用があります。これにより、毛乳頭に栄養が浸透し、毛母細胞が活性化されます。これにより、正常なヘアサイクルが誘導されます。従来通り、ミノキシジルが毛乳頭細胞を刺激して増殖させることで、毛母細胞が増加し、発毛が活性化されるのです。男性型脱毛症(AGA)に効果のある有効成分ミノキシジルを配合した錠剤です。塗布型育毛剤に比べ、摂取型ブランドのミノキシジルはムラなく均一に塗布することができ、血行を活性化し発毛効果を高めることが期待されます。

ミノキシジルは、日本ではリアップの関連薬としてドラッグストアで販売されています。リアップは単体で頭皮に塗布して発毛させる薬ですが、数年の斡旋期間を経て、結果表に「ミノキシジルには毛根とその周囲の細胞の成長を活性化する効果がある」と明記され、その効果が一定のものとして認識されるようになりました。テストステロンをジヒドロテストステロンに出力する5αリダクターゼ酵素を阻害することで、AGAを遅らせ、ヘアサイクルを正常な状態に戻そうとする薬剤です。ホルモンに関わる薬であるため、主に内服薬として使用されます。

ミノキシジルタブレット(ノキシジル)は、日本ではAGFフリー剤治療で有名なリアップと同じ有効成分ミノキシジルを含む薬ですが、リアップの外用薬とは異なり、内服薬としてはミノキシジルタブレットになります。内服薬であるミノキシジルタブレットは、体内から作用し、高い効果を発揮するのが特徴です。体に塗るタイプの育毛剤よりも効果が高く、生え際の発毛も期待できるそうです。

AGA(男性型脱毛症)は、テストステロンが5αリダクターゼ酵素によってジヒドロテストステロン(DTH)に変換され、毛母細胞の分解が阻害されることにより、抜け毛や髪が少なくなる疾患です。髪をはじめ全身の毛を黒くする作用が弱く強力で、頭皮が薄くなってきた男性が発毛剤として服用するのに適しています。

ミノキシジルの役割は血管を拡張することで、頭皮の血流を促進することで髪の毛母細胞に様々な栄養を送り込み、発毛サイクルを正常に戻して発毛を促進させることです。ミノキシジルタブレットは、ティーオーメッド社が開発した経口グループのAGA(男性型脱毛症)治療薬で、有用な治療薬です。ファイザー株式会社が開発したオリジナルのAGA治療薬「ロニテン」のジェネリック医薬品です。