サビトラ20mg

 

 

 

バリフ20mg

 

 

 

 

 

サビトラの特徴まとめ【通販 ドクターty】

サビトラはバルデナフィルを成分とするED治療薬です。レビトラのジェネリックで唯一10mg錠がありますので、初めての方、薬代を抑えたい方に向いています。サヴァメディカ社から販売されています。サビトラの有効成分であるバルデナフィルは、陰茎に広く分布するPDE5というタンパク質を選択的に抑制し、他のパターンのPDEには影響を与えないため、安全性の高いED治療薬といえます。

勃起は、体内のサイクリックGMP(cGMP)濃度が上昇し、血管が拡張して陰茎への血流が増加することで起こります。cGMPはリビドーが高まると体内で生成されます。そして、生成されたcGMPはPDE5によって断片化され、その結果、勃起力が弱まり「失敗」という事象が発生します。サビトラはPDE5の使用を阻害することでcGMPを増加させ、cGMPが断片化されるのを防ぐことで、より強い勃起を促します。サビトラは、他のED治療薬と異なり、食事の影響を受けないため、時間や段階を問わず服用することができます。

サビトラの製造が行われているのは、2003年にインドでスタートした製薬会社サヴァメディカ社です。意外と新しい製薬会社ですが、ジェネリック医薬品を多く販売しており、世界保健機関(WHO)の認可を受けている会社です。サビトラは、バイアグラ、レビトラ、シアリスと大差ないタイプのED治療薬です。ドイツのバイエル社がコピー販売しているレビトラと同じ有効成分バルデナフィルを20mgの数だけカプセルに配合したものです。

頭痛や鼻づまりなどの症状がおさまらない場合や、明らかにスタイルに異常を感じた場合は、服用を中止し、医師にご相談ください。アルコールとの併用はサビトラの即効性に影響を与えないので、よほど酔っていない限りはサビトラを飲んでも効き目があるとされます。10mg錠は5時間近く、20mg錠は8時間近く効果が持続するので、持続時間何キロかで自分に合った製剤を選ぶとよいでしょう。

脳が欲求を感知し、勃起神経に指令を出すと勃起が始まります。これにより、陰茎に大量の血液が入り、勃起が起こります。同時に、体内では勃起抑制酵素が活性化され、陰茎が常に勃起している状態にならないようにします。また、勃起抑制酵素の働きにより、快感が和らぎ、ペニスが元に引っ込みます。

有効成分バルデナフィルは、EDの原因であるPDE5酵素を安定化させ、勃起が望まれる海綿体への血流を促進させる働きがあります。海綿体に血液が逆流することで陰茎が膨張し、極めて強靭な勃起を実現します。サビトラは、3大ED治療薬の1つであるレビトラのジェネリック医薬品で、レビトラと同じ有効成分バルデナフィル20mgを含有しています。他のED治療薬とは異なり、食事の影響を受けないため、服用形態に関係なく、いつでも伴侶を満足させることができる魅力があります。