デメランクリーム(グリコール酸10%)

 

 

グライコクリーム6%

 

 

 

 

 

デメランクリームの特徴まとめ【通販エージェント】

デメランクリームは、毎日のボディケアに使用することができます。洗顔後に少量のデメランクリームを患部に塗布し、表皮の色の組み合わせが正常に戻ったら使用を中止します。デメランクリームを定期的に使用することで、肌の色調を落ち着かせるだけでなく、表皮が健康な状態になることを実感していただけます。

配合成分のコウジ酸は、一般商品として医薬部外品の美白有効成分として認可されており、メラニン合成酵素であるチロシナーゼを阻害するほか、TRP-2の活性を阻害することで抗固着作用があります。デメランクリーム(グリコクリーム10%)は、日焼けによるくすみ、ニキビだけでなく吹き出物や広範囲のくすみも軽減します。特に、顔にできた湿疹のシミや、ホルモン治療による顔のシミやしみのケアに適しています。

グリコール酸は、ニキビ、ニキビ跡、肌荒れ、毛穴の開き、黒ずみ、小じわなど、多くの肌の修正に効果的です。放置された有機酸であるグリコール酸は、シワやニキビの改善、自然な余分な色やトーンの改善に効果的です。素肌に使用した場合、グリコール酸は表皮の上層に副作用を及ぼし、死んだ皮膚細胞の脂肪レベルの結合を弱める作用があります。これにより、新しい皮膚細胞が表皮に現れるようになります。

デメランクリームには3つの有効成分が含まれています。グリコール酸、アルブチン、そしてコウジ酸ジバルミン酸です。グリコール酸は表皮の上層に適合し、生命のない皮膚細胞を体から剥離させます。この作用により、表皮に新しい肌細胞を出現させることができるのです。グリコール酸配合の美容クリームとして有名なグリコクリームと同様に、デメランクリームもグリコール酸を内包していますが、グリコクリームがグリコール酸濃度6%であるのに対し、デメランクリームは10%と濃度が高く、薄めになっています。デメランクリームには、グリコール酸の他に、アルブチンとコウジ酸という贅沢な美容成分が配合されています。

グリコクリームは一般的にグリコール酸が10%濃縮されていますが、この代物はグリコール酸を10%配合し、下記のレヴュー成分であるアフラアルブチンとコウジ酸を贅沢に配合しているのです。デメランクリームは、素晴らしい豆の約束のリング作用と化粧品の美白作用が得られる美容クリームです。変色、黒ずみ、黒ずみを色で治し、ニキビ、湿疹、シワ、たるみを改善し、滑らかで真っ白な人肌を手に入れることができます。

デメランクリームは、グリコール酸、コウジ酸、アルブチンを配合し、メラニンの特性による肌の黒ずみを改善する、素敵な美白クリームです。日焼けで黒くなった部分、ニキビだけでなく湿疹、多面的なシミにデメランクリームをお使いください。シミなどの跡を目立たなくする効果が期待できます。ディメランクリームに含まれる3つの有効成分の働きで、みずみずしく落ち着いた変色を抑えます。3つの成分が、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制します。

アルブチンは、今話題のハイドロキノンを含む天然フェノール配糖体です。メラニンを作る酵素であるチロシナーゼの達成を抑制する働きがあります。以前、ハイドロキノン配合のクリームを使用して副作用を経験した方や、その他敏感肌の方でも安心して使用できます。1日1回、顔のくすみや黒ずみの気になる部分に塗ることで、肌の黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制し、清潔感のある純白の肌へ導きます。